採用情報スタッフストーリー

  • 浅井 瑞木

    1979年生まれ

    株式会社霜月 取締役総料理長

神奈川県横浜市出身
1999平成11年 エコール辻東京 日本料理マスターカレッジ卒業
神奈川県の日本料理店で6年修行。
2005株式会社霜月入社
2010楽食酒圓 料理長
2012楽食酒圓 店長
2013楽食酒圓、銀座圓 統括店長
2015取締役総料理長

  • 現在の仕事内容は?

     基本理念の「関わる全ての人を幸せにすること。」を基本軸に、メニュー考案、作成はもちろん、スタッフ教育、人事や販促、数字管理など、「圓」という業態のマネジメント全般を任されています。

     取締役となってからは、スタッフの成長はもちろん、みんながより働きやすい環境や、待遇面、評価システムなど自分自身が現場で感じ取ったものを、社長と相談しながら改革し、魅力ある会社作りに取り組んでいます。

  • 転機はありましたか?

     「霜月」に入社して森社長と出会ったことです。生きていく上、仕事をしていく上で、大切な事をいっぱい学んできました。この会社に入り、経験した事すべてが自分を変え、成長し、今の自分になっていると思います。

     

     料理長や店長という立場になると様々な責任を持ちますが、その中でもやはり「人」には一番頭を悩ませます。年々、従業員とその家族も増え、2018年には新店舗がオープンしますので、さらに社員も増えます。会社とはその人達の人生を背負うことでもあるので、プレッシャーも感じます。私が20年近く飲食の仕事に関わり経験した事を伝え、少しでもみんなの成長の糧となればと思って接しています。

今後の目標をおしえてください。

 何よりスタッフみんなが、活き活きと魅力的に働く会社でありたいですし、「これからの飲食業界はおもしろそう」と社会から思われるようにしていきたいです。

 私が「圓」に入社し10数年経ち、社員、アルバイト関係無くたくさんのスタッフと働き、共に圓という店を創り上げてきました。圓を卒業して、自分で店をしている人、両親のお店を継いで頑張っている人、世界に羽ばたき活躍している人、結婚して幸せな家庭を築いている人、他の会社で大活躍している人などなど、そういうみんながいたからこそ今の圓があり、その沢山の目には見えない遺産が今の弊社を支えていると思います。
 今後も、圓に関わる人も関わっていた人も誇れる会社、店であるよう、成長を続けていきたいと思っています。

 そして、もう1つは、圓が世界に誇れるレストランになるよう成長させたいと思っています。  現在、圓は外国人のお客様がとても多くいらっしゃいます。去年、オーストラリア研修に連れて行ってもらい、“日本だけにとどまらず、もっと世界を見たレストランでありたい”とより強く考えるようになりました。日本の中でたくさんの外国人のお客様が来店するレストランとして、日本料理の今と未来を考えながら、その価値を創造していきたい。その為に、もっと日本を知り、世界を知り、和食を知りたいと思います。

応募はこちら

© 2017 SHIMOTSUKI INC.

Pagetop